ジオパークとは?
ジオ=地球、パーク=公園。
大地の公園とも訳されるジオパークは、地質学的に重要な風景や場所を、教育、防災、保全に活用しながら持続可能な発展を目指して運営されている地域のことです。ユネスコのプログラムであるジオパークの「地域の資源を保全しながら持続可能な開発を目指す」という観点は世界中に広まりつつあります。
2019 年 3 月現在、日本では 44 ヶ所のジオパークが認定されています。ジオパークを旅すると、地形や火山、地層といった地球の活動の記録(ジオ)と、それに適応して生きる動植物(エコ)、そしてそれらと調和して生きる人々の暮らし(ヒト)のつながりを学ぶことができます。
SDGs(持続可能な開発目標)を達成するための有効な手段の一つとして、私たちはジオパーク活動に取り組んでいます。
What’s Geopark?
Geoparks are single, unified geographical areas where sites and landscapes of international geological significance are managed with a holistic concept of protection, education and sustainable development. Their bottom-up approach of combining conservation with sustainable development while involving local communities is becoming increasingly popular(citation from UNESCO website). We have 43 Geoparks in Japan.We can understand the connection between the Earth activity, ecosystem, and human activities including history and culture Through traveling geopark area.
三島村・鬼界カルデラジオパークの特徴
三島村・鬼界カルデラジオパークは、竹島・黒島・硫黄島の横並びの3島が全く違う表情を見せる、数少ない離島のジオパークです。その最大の特徴は、何と言っても「鬼界カルデラ」。過去10,000年間で地球上最大規模の噴火を起こした火山の痕跡が、ここにあります。また、今も噴煙を上げる活火山の硫黄岳や、その周囲に広がる温泉の海も大きな特色となっています。さらに、ジオパークの総人口が400人足らずと、日本はもちろんおそらく世界最小のジオパークであることも、本ジオパークの大きな特徴となっています。
Characteristics of the Mishima Village Kikai Caldera Geopark
The Mishima Village Kikai Caldera Geopark is a unique and compact geopark. “KIkai Caldera”, the evidence of the largest volcanic eruption in this 10,000 years, Is the most important characteristics of the geopark. The active volcano “Iwodake” and surrounding sea area colored by hydrothermal water are also impressive. The smallest population (less than 400) is also unique characteristics of the geopark.
 
長浜湾の赤い海
三島村・鬼界カルデラジオパークの最も印象的な風景のひとつが、硫黄島の長浜湾。海底から湧き出す温泉水の鉄分によって、海が赤く染められています。この海が描き出す模様は、満潮/干潮・大潮/小潮・風向きなどの気象条件によって刻々と変わってゆきます。まさに地球が生きていることを実感させてくれる風景です。
Orange-Coloured sea of the Nagashima-bay
The most impressive scenery of the Mishima Village Kikai Caldera Geopark is Orange-coloured sea of the Nagahama Bay. The orange colour of the Seawater caused by iron hydroxide derived from hydrothermal Water discharging from the seafloor of the wharf.Tide and wind Cause an ever-changing texture of the colored water. The scenery reminds us that the Earth is active.
 
カルデラができるまで How a caldera is formed
1
大量のマグマが放出され、天井に岩盤が崩壊する
Huge amount of magma are erupted and the ceiling of the magma chamber collapsed
 
 
2
崩落した岩盤がマグマに溜まりに落ち込み、さらにマグマを押し出す
Fallen rocks push the magma out of the chamber
 
 
3
陥没地形が残りカルデラとなる
Huge depression is formed to be a caldera
 
 
鬼界カルデラって?
「アカホヤ」火山灰のひみつ
三島村・鬼界カルデラジオパークの最大の特徴である「鬼界カルデラ」。
このカルデラは硫黄島と竹島を北縁にし、噴火によって地下のマグマが、大量に放出されたために、地表が陥没してできた地形です。
鬼界カルデラは、北西~南東の長さが約25㎞、北東~南西が約15㎞の楕円形をしていて、複数の巨大噴火によって形成された、いくつかのカルデラが複合してできたものと考えられています。
カルデラのほとんどは海底にあり、その地形を直接観察することはできませんが、反対に海底にあることでカルデラが形成された時の状態がよく保存されているともいえます。
大規模な火砕流を発生させるような火山活動は、約58万年前に始まったと考えられています。
特に約7300年前に発生した火砕流とそれに伴う火山灰は、九州はもとより関東や北信越地方の環境にも影響を与えるくらいのインパクトがありました。
この大噴火は、日本における過去1万年の噴火では最大のもので、南九州の縄文人のほとんどが犠牲になったといわれています。
この時の火山灰は、関西地方でも約20㎝の厚さで現在も確認でき、その外見から「アカホヤ火山灰」と呼ばれています。
このアカホヤ火山灰は年代がしっかりと特定されていることから、考古学研究者が時代を判定する「鍵層」として利用しています。
縄文時代の日本にとって、鬼界カルデラの火山活動は、重要な意味があるのです。
そんな地球の動きが、体感できる三島村は、まさに活動する自然の博物館です。
What’s Geopark?
The Secret of “Akahoya” Volcanic Ash
The Kikai Caldera is the main feature of the Kikai Caldera Geo Park in Mishima Village. The caldera, which has Iwojima Island and Takeshima Island as its northern rim, is a land formed when the surface of the earth caved in due to the massive release of magma from underground during an eruption. Kikai Caldera is an elliptical shape with a length of 25 km from northwest to southeast and 15 km from northeast to southwest, and it is thought to be a composite of several calderas formed by huge eruptions. Most of the caldera is located on the sea floor, and its topography cannot be observed directly, but on the contrary, its location on the sea floor preserves the condition of the caldera when it was formed. The volcanic activity that generates large-scale pyroclastic flows is thought to have started about 580,000 years ago.
In particular, the pyroclastic flow and accompanying volcanic ash that occurred about 7,300 years ago had such an impact that it affected the environment of the Kanto and Hokushinetsu regions as well as Kyushu. This major eruption was the largest in Japan in the past 10,000 years, and is said to have killed most of the Jomon people in southern Kyushu. The volcanic ash from this eruption can still be found in the Kansai region at a thickness of about 20 cm, and is called “Akahoya volcanic ash” because of its appearance. This Akahoya volcanic ash has a well-defined age and is used by archaeologists as a “key layer” to determine the age. The volcanic activity of the Kikai Caldera was of great importance to Japan during the Jomon period. Mishima Village is a museum of nature in action, where you can experience the movement of the earth.
三島村紹介動画
 
ジオとエコとヒトのつながり ジオストーリー